目的にあった生地選び

オリジナルTシャツを安く作るコツ

オリジナルTシャツを安く作るコツ イベントや体育祭・文化祭などで必須となるのがオリジナルTシャツです。皆で使用すると、目標に、向かって士気を高めることが出来ますし、Tシャツも良い思い出となるのです。
しかし、あまりにもオリジナルTシャツにこだわり過ぎると、高くついてしまう可能性があります。
なるべく安く作るには、生地にポイントがあります。オリジナルTシャツの生地を、少し薄手のものに変更しましょう。生地が変わるだけで、全体の費用も安くなります。
オリジナルTシャツを使用する期間はそんなに長くはありません。頻繁に着用するのが一か月程度ならば、少し生地の質を落としても良いのではないでしょうか。
そのかわり、自分達で考えるデザインにこだわりを見せましょう。キャラクターを考えてみたり、デザインや絵のイラストが上手な友達や同僚にお願いして描いてもらっても良いです。
経費を抑えても、皆の思い出にはしっかりと残るような、素敵なオリジナルTシャツを作ってみてはいかがでしょうか。

目的にあったTシャツ生地の選び方

目的にあったTシャツ生地の選び方 市販されているTシャツは一見同じような見た目をしていても、使用されている素材や縫製方法が大きく違っていますので目的に合わせて購入するTシャツの生地を選ぶことが大切になってきます。
まず生地の選び方としてどのような種類があるかというと、よこ編みの最も基本的な編み組織で平編み状態になっている生地の『天竺』、横方向への伸縮性に優れた編み物『フライス』、編地に鹿の子状の細かい隆起があり、平編みに比較して横方向への伸縮が少ない特徴のある『鹿の子』が通常販売されているTシャツに使用されており、使用感も薄すぎない厚みがありオールシーズン使用することが可能です。
夏場は汗を多くかく季節になりますので、比較的サラッとした使用感で通気性の良いハニカムメッシュやポリエステルメッシュがおすすめですし、冬場など保温性を大切にしたいなら、表面組織を特殊な加工で起毛させ、 太い糸が毛羽立ち柔らかく温かみのある手触りが特徴の裏毛や裏起毛が便利です。