リネン生地の利用法と保管

天然素材だから肌が弱い人や子供にも優しいリネン生地

天然素材だから肌が弱い人や子供にも優しいリネン生地 リネンは、天然素材として有名なものです。
そのため、生地としてもとても使い勝手などがよく、同時に肌が弱い人、特に小さなお子さんなどにも、とても着心地が良い素材、生地であるとされています。
このようなリネン生地で作られた洋服などは、個人差ももちろんありますが、やはり綿などと同じく、洋服などにしても、着心地が良いとされており、肌トラブルを起こしがちな方には、ぜひ、一度試してもらいたい生地の一つとなっています。
また、リネンの天然素材の良さは、最近では、ハンドメイドブームや、天然素材ブームなどと相まって、とても人気が高く、ハンドメイドショップや、デパートさんでも、このような取り扱いをされているお店などもあります。
特にハンドメイド系のショップさんでは、このようなリネンを使った衣類や、またはストールなどもあり、可愛いアイテムなどがそろっているため、肌が弱い女性の方にとっては、とても魅力的な店舗さんでもあります。

加工や織り方で値段が変わるリネン生地

加工や織り方で値段が変わるリネン生地 リネンはフラックスから取れる繊維を糸にして、生地に織り上げたものです。
吸水性と速乾性に優れて、さらっとした手触りで丈夫なことから夏向きの高級衣料や寝間着等、シーツ等の寝具類、ふきんやテーブルクロスなどのキッチンクロスとしてもよく使われます。
通常の麻の場合はチクチクした刺激がありますが、リネン生地の場合は、滑らかで、肌の弱い方でも身に付けることができます。
特殊な織り方や加工をすると、それだけお値段も高くなります。
織り方は薄手の平織りが多く、アイリッシュリネンのように細めの糸で織り、肌触りが良いように柔軟加工をして、ホテル仕様の寝具にも使われる生地に加工されるものもあります。
洗いざらしのようなバイオ加工をして、独特のシワがつきやすいのを、洋服のデザインとして活かす場合もあります。
また、厚めの生地は、バッグに使われることもありますし、キッチンクロスとしても使い勝手が良い場合があり、ハカバック織りのように、太い糸と細い糸をランダムに織ることで凹凸が出るものもあります。
吸収面や空気に触れる面を大きくすることができ、水拭きで汚れ拭いたり、洗濯をしても乾きやすくしてあったりするものもあります。
丈夫なところから、防炎や防縮加工をすることで、カーテン用の布として使える場合もあります。